X(旧ツイッター)のシャドバン対策まとめ

お疲れさまです。

X(旧ツイッター)がシャドバンになったときの対策をまとめます。

結論:やること、やらないこと

  • 1日1投稿のみ(リライトで十分。そのままでもいいし、ちょっと書き換えるくらい)
  • 電話番号登録と認証コード取得(電話番号登録するとできます)
  • いいね、リツイートまわりをしない
  • 自分の投稿にきたリプに対してはイイねする(ボットと思わせない)
  • リプは少しくらいならしてもいいかと(ボットと思わせない)
  • 広告の環境設定から「興味関心」のチェックマークをすべて外す(設定とプライバシー→プライバシーと安全→広告の環境設定より)
  • これでダメなら、Twitterの解除申請窓口から日本語文、英訳文で異議申し立て

これでイイんじゃないかと。

こちら、僕の友人で実際に何度もシャドバンになって解除させた方から聞いたことと、ネットで情報を集めたまとめになります。(確実かは誰にもわかっていない)

リライトする際は、以下のワードを検索窓に入力してください。自分のIDと日付を変更して使ってください。

(from:hiro_signore) until:2023-06-30 -filter:replies

電話番号登録と認証コード取得

アカウントに電話番号の登録を行うこと。

設定とプライバシー→アカウント→アカウント情報より登録可能

シャドバン確認方法

1つのサイトだと信ぴょう性が低いため、複数のサイトで確認するのがイイらしいです。

■Twitter Shadowban Test

■ShadowBird – Twitter ShadowBan Check

■Twitter Shadowban Test

どこかのサイトで1つでも引っ掛かったらシャドバンと思ったほうがいいかと。

その他 確認サイト

僕はこちらのサイトが参考になると思いました。

以上になります。シャドバンになっているとインプレッションが伸びにくいため、できることをやっておきましょう。

また、何かしら新情報を見つけた方いらっしゃいましたら僕まで教えてください。